脇が黒ずむ原因と改善策について


脇は意外に周囲の人から見られる部位。脇のケアが間違っている方法で行われてしまうと、肌が黒ずむ原因を作り出してしまいます。

あなたのケアは間違っていませんか?脇が黒ずんでしまう原因もいくつかありますから、ご自身に当てはまっていないかチェックしてみて下さいね。

お肌に対して執拗にダメージを与える


これだけ見てもいまいち分かりませんよね。ですが、これは無意識の内に誰しもがやってしまいがちな事なのです。

それが「脇の毛の自己処理」です。

脇の毛を自分で処理する事がいけないという訳ではありませんが、脇の毛をカミソリで繰り返し剃ったり、ピンセットで抜くという事は肌にダメージの積み重ねを与えてしまう原因になります。

人間の肌は外部刺激から肌を守る時にメラノサイトという細胞が働きます。

このメラノサイトが外部からの刺激に反応する事で、メラニン色素が分泌され結果肌に色素が沈着してしまって黒ずみを起こしてしまいます。

普段もメラノサイトという細胞は、紫外線から肌を守る為に肌の色を濃くして守ろうとしています。

しかし、物理的な刺激にもメラノサイトは反応しているのでカミソリで脇の毛を剃ったり、ピンセットで抜くという刺激にも肌を守る機能が働いてしまうのです。

黒ずみを改善する為には

脇の黒ずみの原因になってしまうのは、肌に繰り返しダメージを与えてしまって角質層が厚くなり、メラニン色素が沈着してしまう事にあります。

これを改善しようとした場合、お肌が本来持つ自己再生力を高める必要があるのです。
いわゆるターンオーバーというものです。

ターンオーバーは規則正しい食生活を送って、肌の再生を助ける食品を接種する事で更に高める事が可能です。通常健康な状態の肌というのは、約28日周期で新しい皮膚へと生まれ変わるようになっています。

その際に不必要となった古い角質は、垢となって体外に放出される形になります。このターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、新しい皮膚へ再生しなくなって古い角質が溜まっていくばかりになります。

古い角質層が積み重なる事によって、肌が黒ずむ原因になるのでターンオーバーのサイクルは定期的に必ず必要になってくるのです。

ターンオーバーを促す栄養素を含む食品


健康な状態の肌は通常約28日周期で、新しい皮膚へ再生していきますがターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、古い角質層が溜まってしまいます。

脇に黒ずみは誰しも作りたくないと思うと思いますが、そんなターンオーバーを助けてくれる栄養素を含む食品をいくつか挙げてみます。

①必要な栄養素:ビタミンE

ビタミンEを豊富に含む食品には、卵黄、マーガリン、大豆、アーモンドなどのナッツ類などがあります。

ビタミンEは血行を促進させて新陳代謝が高まり、ターンオーバーを促す効果があります。

特に大豆は豊富な栄養素が含まれていて、女性ホルモンに良い働きをしてくれるのでターンオーバーを促す効果を得るなら、積極的に摂取したい食品の一つです。

②必要な栄養素:コラーゲン

コラーゲンを豊富に含む食品は、きな粉、牛ヒレ肉、サバ、豚モモ肉などです。

コラーゲンは加齢と共に減少してしまいますから、食べ物から積極的に取り入れたい栄養素です。

コラーゲンがお肌に良いのは女性なら誰しもがご存知ですよね。

コラーゲンはお肌にハリや潤いを与えてくれるので、黒ずみを改善に導く為には必要不可欠な栄養素です。

③必要な栄養素:ビタミンC

ビタミンCを豊富に含む食品は、小松菜、ニンジン、レモン、ブロッコリーなどです。

ビタミンC単体も肌に良いのですが、タンパク質と一緒に摂取する事によって体内でコラーゲンが生成される量を増やす事が出来ると言われています。

ビタミンCとタンパク質を一緒に摂るようにしましょう。

脇の黒ずみを解消する為に


ターンオーバーのサイクルを整える事も重要ですが、普段の生活でも気をつけるべきポイントがあります。

脇はお顔と違い、あまり念入りなケアを行わない方が多いです。脇はお顔と同じでデリケートな部分。適度な保湿も大切で、身体を洗う時に擦りすぎるのも良くありません。

角質や汚れはきちんと落とさなくてはいけませんが、擦りすぎは厳禁。念入りに泡立てた泡で脇を丁寧に洗う必要があります。

脇の毛を処理したあとのケアというのも顔同様大切で脇専用の化粧水もあります。乾燥も肌にとって悪影響で、乾燥によって肌が本来持つバリア機能が正常に働けなくなってしまいます。

乾燥し過ぎないように、脇にも適度な保湿を与える必要があります。脇に使う保湿剤や化粧水は脇専用の物でなくても問題ありません。しかし、敏感肌な方ではなくても使われる化粧水や保湿剤は低刺激な物を使いましょう。

きちんと正しいケアを行って、ターンオーバーを促す食品を摂取して規則正しい生活を送れば、脇の黒ずみも改善されます。急激に変化する訳ではありませんが、続けていけば変わるので普段の生活に注意を払ってみましょう。

脇の黒ずみに悩まれている方は、試してみてはいかがでしょうか?

脇の黒ずみ対策におすすめしたいピューレパール

【ピューレパールが他の成分と違う点は?】
では、ピューレパールが他の類似商品と違ってなぜおすすめしたいかというと浸透力が良い点です。他の商品よりもヒアルロン酸を小さくしています。小さくするとヒアルロン酸は脇の肌へ浸透しやすくなります。分厚くなった肌でもヒアルロン酸を細かくすれば浸透していくため、ピューレパールは効果が現れるのです。

それに、ピューレパールは無添加です。刺激が原因で脇の黒ずみが発生しているのに添加物で刺激を与えたら元も子もありませんよね。だかららピューレパールは着色料やシリコン、合成香料、紫外線九州剤、石油系界面活性剤が入っていません。肌に優しいのが、口コミでもピューレパールで脇の黒ずみがキレイになったと評判なんです。

【ピューレパールに含まれている成分は?】 
人気と実力を支えているピューレパールには主になにが配合されているのかというと、4つの美容成分が含まれています。

プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスです。

プラセンタには、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが配合されています。生まれたての赤ちゃんのお肌がツルツルなのは、胎盤であるプラセンタから様々な栄養を摂取していたからでしょう。そんな栄養たっぷりで、赤ちゃんの肌を作るプラセンタがたっぷりと含まれているのです。

ビタミンC誘導体とグリチルリチン酸2Kは、美白するために必要な成分です。脇に美白なんてするの?と思うかもしれませんが、黒ずみをきれいにしていくのは美白成分です。黒ずみはメラニンなので、美白してメラニンを薄くしていきます。

そして米ぬかエキスは、肌に透明感を出すためのものです。顔に透明感を出すように、脇にも透明感があれば顔を近づけられてもドキッとする事はありません。こういった美白成分が、ピューレパールを支えています。