重曹を利用したケアは脇の下の黒ずみに効くのか?

大掃除の定番道具として有名な重曹が、実は脇の黒ずみを解消するのにも効果があると言われているのを知っていましたか?

割りかしら安価で手に入り、昔から生活の手助け品として用いられてきた重曹とは一体なんなのでしょう。
今回はその効果や使い方、使う際の注意点などについてお話していってみたいと思います。

そもそも黒ずみの原因は?

黒ずみの原因は、下着やキツい服による摩擦や脇毛処理による色素沈着にあります。

肌が摩擦によってダメージを受ける事で、さらなるダメージから肌を守ろうとメラニンが生成される為といわれています。

そもそも黒ずみを作りたくないという場合には、これらの原因を排除する事が大切であるといえるでしょう。

食用、掃除、温泉…重曹の恐るべし活用効果

一昔前のおやつカルメ焼きや、ホットケーキの膨らまし粉など、食品添加物としても知られる重炭酸ソーダ、炭酸水素ナトリウムを通称して呼んだのが重曹です。

また、最近流行りの炭酸泉という意味で温泉の成分としても知られていますから、人体に影響がない事は皆さん承知の上かと思います。

重曹は水溶性で、溶けると弱アルカリ性の成分になります。
これが掃除の場では油汚れや臭いを。ケアという意味では、角質や皮脂汚れといった黒ずみの原因を落とす研磨剤としての役割があるといわれているようです。

重曹を使う時の注意点

重曹をピーリング材として使う際には、その強い研磨力に肌が負けてしまわないよう充分注意しましょう。

人体に影響がないとはいえ、その研磨力はクレンザー代わりに利用されるほど。食用であっても粒子が粗いため、人によっては強い摩擦によって炎症を引き起こす可能性も少なくありません。
これではさらなる黒ずみを生み出すだけではないでしょうか。

また、いくら強い研磨力とはいえ、脇の黒ずみが絶対にとれるのかといえばその効果は十人十色。つまり肌質によっては全く意味がなかったという場合があります。

その証拠に口コミでは、“ネットで見た肌荒れなどデメリットもなく、黒ずみがすっきり解消した”という方がいる反面、“塗ってすぐにピリピリして赤くなった…黒ずみも全然取れてない”と不満を漏らす人も。

重曹が人体に悪影響をもたらすことは少ないとはいえ、自分が絶対負けないという事はありません。

重曹を使った場合にはその後のケアが充分大切だという事が分かるのではないでしょうか?

重曹の失敗しない使い方

注意点を話してみましたが、それでも重曹でのピーリングを試してみたいという方は多少なりともいらっしゃるかと思います。

大切なのは重曹使用後のアフターケアで、行う前には自身の肌質がどのくらいのものなのかを充分知っておきましょう。

・パッチテストを行う
脇の下は、お尻などと同様とても肌が柔らかく負けやすい部分です。
重曹を使ってみたい場合には、肘や二の腕の内側にて少量試し、赤みなどが出ないかをチェックしましょう。

・重曹の量
行う際、重曹を水で溶かして直接塗るという方法はあまりいただけません。
よく見るのは洗体用石鹸にひとつまみ程度でいいとの事。多く入れたからといってとれるというワケではないようです。

また、重曹を入れることでシュワシュワ~ッと泡が出ます。長い時間放置するのはいけません。ピリピリと少しでも感じたらやめましょう。

・しちゃいけない時
脇毛処理直後や生理中は肌がとてもデリケートになっています。目立つ傷口がない場合でもしちゃいけません。
思いがけず大ダメージになりますよ。

・アフターケア
重曹ケア後は保湿を充分に行います。また、黒ずみの多くの条件が摩擦によるものなので、下着による擦れには注意したいものですね。

これらの事に注意し、正しく重曹を利用しましょう。異常を感じた場合には、絶対に医者への受診をお願いします。