正しく脇の黒ずみをケアするにはどうしたらいいの?

脱毛はきちんとしてるんだけれど、どうしても脇の黒ずみは解消できない…
30代に入ってこれからさらに気を付けなければいけないと思った方へ向けて脇の黒ずみの原因を知って対策を立てるために本やネットで情報を集めてみました。

そもそも脇の黒ずみの大きな要因は二つあり、メラニン色素の沈着によるものと皮脂や古い角質によって毛穴が詰まってしまった汚れに分けられます。メラニン色素には免疫を高める機能があり、肌に刺激が与えられた時に防御反応として皮膚が刺激を受け、炎症を起こした場所に対して送り込みます。

何も考えずにカミソリや脱毛で刺激を与えてしまうとメラニン色素がどんどん肌を損傷から守るために送り込まれ、沈着して結果脇の黒ずみとなってしまうのです。脇は目の下と同じように皮膚の薄い部分ですから、下着の擦れ、締め付けや入浴時にゴシゴシと強く洗ってしまうことにすら反応してしまいます。

カミソリを使う時にクリームを塗ることは当然ですが、剃り味が悪くなったカミソリは使わない、脱毛の直後に神経質になりすぎて過度なケアをしないように注意すること、日常でも無意識に脇を強く擦らないような衣服を選ぶことがメラニン色素に対する予防となります。

もうひとつの皮脂や角質による毛穴汚れは夏場に使う消臭スプレーやクリームが原因となることも多くあります。皮膚は汗をかきやすい場所なのである程度は仕方がありませんが匂いや汗を気にしすぎるあまりにスキンケア用品を使いすぎ、それをまた入浴で強くこすり落としてしまったりすることで悪循環を起こすこともあります。

匂いが気になる=そもそも雑菌がたまりやすい場所ということなので、毎日の入浴でやさしく洗浄して、入浴後には乾燥しないように低刺激の脇の黒ずみ用のクリームや美容液を使って保湿をすると黒ずみケアの助けにもなります。

既に出来てしまった黒ずみは短期間で元に戻すという事はなかなか難しいです。特に加齢やストレス、偏った食事などの生活習慣の乱れでターンオーバーが乱れている場合は長い目で見てビタミンBやC、Eといったターンオーバーを促進するものを含んだ食品を意識的に摂るようにしたり、生活習慣の乱れを治すことで脇だけではなく顔はもちろん体全体への良い影響が期待されます。

あまりにもひどい場合は美容外科や皮膚科で相談するという手段もありますが、基本的には解消よりメカニズムを知って予防、解消するなら気長に、というのが脇の黒ずみの悩みを解消する方法のようです。

とにかく早くと焦ってケア用品をたくさん使うよりも、自信を持ってノースリーブを着こなすために早め早めに自分のサイクルを整えることが一番ですね。