いつの間にかある脇の黒ずみはどうやってできたの?

脇は見ようと思わないと、なかなかじっくりと見る機会はありませんよね。そのため、脇の黒ずみがいつの間にかできていた!なんて人もいます。そこで、脇の黒ずみがなぜできたのか説明しましょう。

脱毛からくる黒ずみ

黒ずみの原因としてまず考えられるのは、脇毛の脱毛です。夏になると、ノースリーブを着たり水着を着たりで脇を見せる機会が多いですよね。

そのため、冬の間に育った脇毛を処理しようと考えます。脇毛をピンセットで抜いたり、脱毛器を利用すると毛はなくなります。

しかし、毛が抜けるほどの衝撃を脇に与えてるという事になります。その刺激から、脇を黒くして肌を守ろうとします。脇の黒ずみはメラニンです。

メラニンは紫外線を浴びても発生します。度重なる脱毛により、刺激を受けた肌は再生できなくなって黒ずみになってしまうのです。

脱毛は、ピンセットで毛を抜くと肌の凸凹も発生します。黒ずみと凸凹で最悪な肌になります。脱毛器を使っても黒ずみになりますし、脱毛サロンやエステでも黒ずみになる場合があります。

除毛からできる黒ずみ

脇毛の処理は、脱毛だけじゃありませんよね。脇毛を自己処理しようかなと思い、ピンセットで抜くと肌が痛みます。だからカミソリで除毛しようという考えもありますよね。それは、ピンセットよりも肌に負担をかけないように見えますが、本当はずっしりと負担をかけています。

カミソリで剃ると、カミソリの刃が脇に直接触れますので刃物が肌に触れるなんて、想像するだけで肌に刺激を与えているのが分かりますよね。カミソリの刃で削られた肌は、修復しようとします。

しかし、それが何回も続くと修復できなくなります。そして、脇が汚くなります。刺激から身を守ろうと黒ずみになってしまうのです。あんまり肌は傷ついていないように見えても傷ついているのでいつの間にか黒ずみになってしまうことがあるのです。

制汗剤からできる黒ずみ

肌への刺激と言えば、夏ならば制汗剤をイメージする人もいるでしょう。脇にシューっとスプレーすれば気持ちいいんですが、ヒヤッとした冷たさに目が覚める人もいるでしょうが制汗剤は、肌に刺激が強いものとなります。

脇汗が出てこないようにするという事は、人工的に自然のサイクルを乱しており、暑いのに汗をかかないとなるとどれだけ体の負担になっているか分かるでしょう。制汗剤も、脇の負担となって黒ずみが発生する元となるのです。

妊娠からできる黒ずみ

女性ならば、多くの人がゆくゆくは子供を産みますよね。妊娠すると、体に変化が起こります。赤ちゃんを産める体にするためには、ホルモンバランスが変わってくるのです。

体は丸みをおび、つわりも感じます。貧血になったり、便が固くなったりもします。そして脇の黒ずみも発生します。

これはどの程度の黒ずみが発生するのか個人差がありますが、黒ずみになるのは自然な事です。黒ずんだら長い期間のケアが必要です。妊娠や出産が終わると自然と黒ずみがなくなることもあります。

加齢によって現れる黒ずみ

黒ずみができるのは、メラニンが発生するためだというのは書きましたよね。日焼けした時もメラニンが発生するというのもお分かりになりましたでしょう。

日焼けした時、肌を守ろうとメラニンは発生しますが、役割を終えたらメラニンは消えていきます。消えるというのは、体の代謝のおかげで消えていくのです。

しかし、歳を重ねると体の代謝は落ちていきます。代謝が落ちてしまうと、メラニンは消えずに残っています。そして黒ずみとなってしまうのです。

不規則な生活による黒ずみ

加齢と一緒のような原理ですが、不規則な生活も脇の黒ずみができる原因です。不規則な生活によって、ホルモンバランスが崩れて代謝が落ちると黒ずみが脇に残る可能性があります。夜中に成長ホルモンが分泌されると、肌は自己修復力が働いてみずみずしさを取り戻したりなどの本来の姿に戻っていきます。

しかし、成長ホルモンがよく分泌されるためには眠りについていなければいけません。それがもし、夜中に起きていると成長ホルモンが上手く分泌されません。すると、黒ずみの原因になるのです。

また、飲酒喫煙はホルモンバランスを崩す原因になります。肌の刺激にはなりませんが、体の内側から脇に負担をかけているのです。

ストレスによる黒ずみ

ホルモンバランスが乱れるのは、ストレスも原因です。仕事や家庭でストレスを感じ、それが黒ずみになる事もあります。

このように、脇の黒ずみができる原因は色々とあります。どれも一つの原因で黒ずみができるとは限らず、原因が重なりあって黒ずみができていきます。

例えば、夜遊びのために可愛い服を買い、脇が目立つから毛を除毛するなどです。また、妊娠や出産を経験して育児疲れになり、黒ずみが増えていくなどです。黒ずみができてしまったら、どれに当てはまるのか自分を見直すと良いですよね。黒ずみから、自分の生活が見直せます。