黒ずみはメラニンが原因!解消するには乾燥を防ぐことが重要

夏場になると、脇が見えるような服装をしたり水着になる機会も増えます。そのため、脇の黒ずみはできるだけ避けたいものです。気づかないうちに脇に黒ずみができてしまうと、人に見られて恥ずかしい思いをすることになってしまいます。

この黒ずみはメラニンが関係しています。メラニンというと、紫外線によって増えるというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

紫外線を浴びて日焼けをするのも紫外線という刺激を受けることによりメラニンが多く分泌され日焼けとなります。このメラニンは肌を守るためには重要でこのメラニンが分泌されることにより紫外線から肌を守ってくれます。このメラニンは、紫外線だけでなく、他の刺激からも増えることがあります。

メラニンが増える原因は刺激

メラニンが増えることは紫外線による刺激が知られています。しかし、メラニンが増える原因となる刺激は、紫外線だけではありません。このメラニンの分泌は、摩擦などの刺激により分泌されることもあります。黒ずみはメラニンが上手く排出されず、色素沈着を起こすことにより起こります。

そのため、黒ずみを予防するためには、刺激を減らすことが重要になります。メラニンを分泌を増やすことを予防すことができれば、黒ずみを増やす原因も減らすことができます。

黒ずみを予防するには、メラニンの分泌を増やさないようにすること、それとメラニンの分泌がしっかりと行われるような状態を保つことです。この2点の対策を行うことにより黒ずみのない綺麗な脇を保つことができます。

刺激を与えないように生活することが大切

黒ずみを回避するためには、まず生活の中で脇に刺激を与えないことが重要になります。刺激を与えるものとしては、衣服などを想像する方も多いのですが、腋毛処理による、カミソリなどの刺激も黒ずみの原因となります。

衣服ではできるだけ刺激の少ない柔らかいものを着たり腋毛処理では脇への負担を減らすために潤滑剤などを使用することが重要です。服を着たり腋毛処理はする必要がありこの時にできるだけ肌への負担を減らすことが重要となります。

ただ、この負担を減らしてもどうしても刺激や摩擦を与えることとなります。この刺激や摩擦によりメラニンが分泌された際に重要になるのが、脇の乾燥です。肌の正常なサイクルを保つためには、この乾燥を防ぐことが重要になります。

メラニンは肌サイクルが正常なら排出される

メラニンは、多く分泌されたとしても体の外に排出することができます。日焼けをしても時間が経過すれば元の肌に戻るのもこの排出機能が働いているからです。

しかし、毎日のように大きな刺激や摩擦を受けている脇は、この機能が追い付かない場合もあり排出されなかったメラニンが色素沈着を起こしてしまいます。この機能を正常に保つには、乾燥を防ぐことが重要になります。

肌のトラブルでは、この乾燥が大きな原因となります。脇は、常に衣服に覆われ蒸れやすく、乾燥とは無縁と感じている方も多くいます。しかし、刺激や摩擦が多い脇は、肌の正常なサイクルが保てなくなり乾燥を招くことがあります。刺激を多く受ける脇では、刺激から肌を守ろうと皮膚が厚くなり乾燥することがあります。

肌サイクルを正常に保つには保湿が重要

脇の黒ずみ対策では、刺激や摩擦を減らし、その刺激を多く受けている肌に潤いを与えて、乾燥させないことが大切です。

乾燥を防ぐことができれば、肌の正常なサイクルが保たれ、メラニンが多く分泌されてもしっかりと排出することができ黒ずみ対策をすることができます。脇は、ムダ毛ばかりが注目されますが、この肌の状態を保つことが重要です。ムダ毛処理した後にただ洗い流すだけという方も多いのではないでしょうか。

大きな負担をかけた肌に保湿成分のある化粧水や美容液、乳液などによってしっかりケアすることで肌も期待に応えてくれます。

脇の黒ずみでお悩みの方は、脇も顔と同じように毎日しっかりとケアすることが、一番の黒ずみケアへと繋がります。