脇の下の黒ずみの原因について

女性にとって脇はキレイにしてきたいからこそムダ毛の処理をしています。

ムダ毛の処理をしてかなりキレイになってくれるのなら良いけれども、しかし中には処理をしてもキレイにならない人がいらっしゃいます。なぜか脇が黒ずんでしまい、キレイになってくれない場合があります。キレイになってくれないからこそかなり気になるのが、なぜ脇が黒ずんでしまうのかです。

ではなぜ黒ずんでしまうのかというと、それは普段のムダ毛処理がかなり関係してきています。黒ずみというと、日焼け等によって出来てしまう色素沈着が一番思いつく原因です。確かに日焼けをすることによって色素沈着をしてしまいそれが黒ずみとなってしまうのですが、しかし脇の場合違います。

脇は普段隠れている部分ですので、日焼けすることがほとんどない部分の一つです。日焼けしにくい部分では、日焼けによる色素沈着は考えにくく違う原因を疑わないといけません。色素沈着は、日焼けだけでなく摩擦などダメージを受けることによって発生してしまいます。

脇でも足でもそうなのですが、カミソリを使用してムダ毛の処理をしていると、どう頑張っても摩擦が発生してしまいます。この摩擦によって肌にダメージを与えてしまい、肌の乾燥がひどい状態となり、その結果、新陳代謝がうまくいかない状態となり皮脂が酸化をしてしまいます。それにより色素沈着を起こしてしまいますので、黒ずみが出来てしまいます。

脇の黒ずみを防止するために必要としているのが、アフターケアになります。脱毛する方法でも良いけれども、誰でも出来る方法ではありませんのでカミソリを使用して処理が必要としています。

乾燥させないことがとても大事になりますので、アフターケアをして乾燥を防ぐようにしてください。そして、汗を放置していたりするだけでもダメージの原因となり色素沈着を起こしてしまう可能性があります。汗が出た時にケアをすることも忘れないようにして、黒ずみができないようにしていきましょう。