脇の黒ずみは女性の大敵!黒ずみの症状とは?

これからどんどん気温もあがり、いよいよ夏本番ですが、涼しげなファッションや水着姿を楽しむのに、脇の黒ずみは女性の大敵です。そして、その黒ずみにも色んな症状があるのをご存知でしょうか?

まず、脇の黒ずみの大きな原因の1つは、色素沈着と言われています。その色素沈着は、毎日の何気ない習慣の積み重ねで蓄積されていきます。例えば、女性でしたら脇の臭いや汗が気になると思いますが、ドラッグストア等で販売されている制汗剤や、デオドラントスプレーを誰もが一度位は使ったことがあると思います。この制汗剤の中に、実は脇の黒ずみの原因になる成分が含まれているのをご存知でしょうか。

制汗剤は脇の臭いを抑えながら、同時に脇の下にスッキリとした清涼感を与えてくれますが、この清涼感を与える刺激成分やメントール成分が、脇の下を刺激することによって、皮膚が薄く太い血管が通る脇の下に自己防衛反応が起こり、メラニンが生成されてしまうのです。更に、制汗剤を噴射する時に含まれるガスですが、そのガスにも脇の下が反応して黒ずむとも言われています。

制汗剤すべてが、脇の黒ずみの原因になるとは言い切れませんが、やはり制汗剤を繰り返し使用していて、黒ずみを感じるのであれば使用は一時的にでもストップする事が、これ以上黒ずみの症状を悪化させない為にできることです。

そして、脇の下のムダ毛処理ですが、皆さんどの様にされているでしょうか? 自己処理されている方が多く使用されているのが、T字のシェーバーか、毛抜き、脱毛器等のドラッグストアや電気屋さんで手軽に購入できる器具かと思います。このような器具を使用してのムダ毛処理は大変簡単ですが、やはり数日後には、直ぐに毛が生えてしまいます。特にシェーバーを利用した場合には、繰り返し繰り返し脇の下をカミソリで摩擦しますので、どうしても脇の下がメラニンの生成を始めてしまいます。

次に毛抜きを使っての処理ですが、脇の下の毛を一本一本抜くのは痛みも伴いますし、刺激は相当なものです。黒ずみの症状に加えて脇の下にはブツブツとした皮膚の突起が現れます。脇の下はやはり、ツルツルとした状態が理想ですが、毛抜きを使う事で滑らかさは失われてザラザラとした状態になってしまうと、汚れも付着しやすくなりますし、シェーバーを使用した時には傷つけ易くなってしまいます。

この様に、脇の黒ずみには普段何気なく行っているケアによって、さまざまな黒ずみ等の症状が現れますので、黒ずみが気になる方でしたら、症状を悪化させない為にもケアを見直す必要があるかもしれません。