ビタミン摂取が脇の黒ずみには重要

脇の黒ずみでは、まず脇への刺激を減らすことが大切になります。この刺激を減らすことにより、黒ずみができる原因を減らすことにもつながります。また、外部からの刺激だけでなく、黒ずみの原因の一つであるメラニンに対してのケアも重要になります。このメラニンに有効な成分がビタミンCです。

ビタミンCには、メラニンを還元する作用やメラニンを抑制する効果もあります。すでに黒ずみができている方でも、ビタミンCを摂取ば、還元作用により、徐々に薄くすることができます。

また、ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する効果もあります。そのため、外部から刺激や摩擦を受けてもメラニンによる色素沈着を軽減させることができます。黒ずみが心配の方から、黒ずみがすでにできてしまっている方までぜひ摂取しておきたい成分です。

化粧品からビタミンCの効果を得る

このビタミンCの効果を得る方法の一つとして化粧水や美容液などから得る方法があります。化粧品の中にビタミンCが配合されている商品をよく見かけるという方もいるのではないでしょうか。

化粧品に配合することにより、メラニンの還元作用により美白効果も得られることから、良く化粧品に配合されています。この化粧品選びで大切なのが、ビタミンC誘導体が配合されていることです。ただのビタミンCでは皮膚の中に浸透しないばかりか、肌にダメージを与えてしまうこともあります。

通常のビタミンCは酸化しやすく、ビタミンCの効果を得ることができません。しかし、ビタミンC誘導体は、皮膚の上からでも酸化することなく、皮膚の奥まで浸透し、しっかりとビタミンCの効果を実感することができます。

体の中からの摂取も有効

ビタミンCの摂取方法としては、化粧品だけではありません。食べ物やサプリなどを利用して摂取することもできます。食品からビタミンCを摂取することで体の中からメラニンに対してケアすることができます。また、このビタミンCはコラーゲン生成にも使われる成分です。

コラーゲンは肌のハリを与えるために重要な成分でビタミンCを摂取することは肌を若々しく保つためにも重要な成分です。その他にも抗酸化作用もあります。紫外線に浴びるとメラニンが増えるだけでなく、活性酸素を増やすことにもなり、その活性酸素によって肌にダメージを受けることもあります。ビタミンCには、紫外線によって増えたメラニンや活性酸素を抑制する作用もあり、紫外線対策には、毎日の食事でビタミンCをしっかりと摂取しておくことが大切です。

ビタミンCが多く含まれる食品とは

ビタミンCを多く含む食材としては、赤ビーマンや黄ピーマン、ゆずやアセロラジュース、パセリや芽キャベツ、レモンなどに多く含まれています。これらの食材からビタミンCを摂取する上で大切なのが過熱しないことです。ビタミンCは熱に弱く、過熱してしまうと十分な量を摂取できない場合があります。

ただ、ジャガイモなどではでんぷんにビタミンCが守られ、過熱してもビタミンCが摂取できる食材と言われています。それぞれの食材によってビタミンCの摂取方法を工夫することが大切です。熱に弱い食材ならサラダ、熱に強ければ様々な料理に利用して黒ずみに有効なビタミンCを摂取することができます。仕事などが忙しく、料理に気を配れないという方は、サプリを利用する方法も有効です。

効率の良いビタミンCの摂取方法とは

黒ずみケアでは、化粧品や食材からビタミンCを摂取することが大切になります。このビタミンCを食材やサプリから摂取するときには、一度に多くの量を摂取するよりも、複数回に別けて摂取することが大切です。ビタミンCは一度に多くの量を摂取したとしても、必要な量しか使われることはありません。

使われないビタミンCは、尿として体の外に排出されるため、一度に多くの量を摂取したからといって効果を発揮するというわけではありません。そのため、少量でも何回かに別けで摂取することでしっかりとビタミンCの効果を得ることができます。このように、体の中でしっかりとビタミンCに働いてもらうには、摂取方法が重要になります。こまめに摂取することで常にビタミンCが使われることとなり、メラニン抑制効果や還元作用が働き、有効な黒ずみケアができます。