脇の黒ずみと色素沈着には適切なケアや治療が必要

最近、芸能人やモデルさんがこぞって写真集を発売されていますが、水着を着用しているカットを見ると、両手をおもいっきり万歳の形で上げていたりしますよね。それを見ると綺麗に手入れされた、とても脇の下とは思えない程の美しい状態をキープされていて、羨ましい限りです。

脇の下について、女性同士であまり話す事は無いかもしれませんが、実はトラブルを抱えている女性が沢山いるのをご存知でしょうか?きっと今ドキッとされている女性もいらっしゃると思いますが、毎日の自己処理や、衣類の擦れ、デオドラント剤の使い過ぎによる色素沈着が原因の黒ずみは、特に深刻な問題です。

脇の下の黒ずみに関しては、かなりの女性が悩んでおり、人になかなか相談しにくい場所でもありますので、そのまま放置されている方も多いかもしれません。

では、なぜ脇の下に黒ずみができてしまうのでしょうか?
先ほども出てきましたが、やはり色素沈着が原因となっているケースがほとんどなのです。色素沈着と言うと色の濃い衣類が肌に擦れて起きるだけではなく、実はデオドラント剤の使いすぎも原因の1つになっています。脇の下の汗を抑えたり、臭いを抑える為に、私達はデオドラント製品を使用する機会は多いと思いますが、まさか汗の臭いを抑える為に使用していたデオドラント剤で、脇の下が黒ずんでしまうなんでショックですよね。

しかも、自己処理でシェーバーや、毛ぬき、脱毛専用の器具を使用している方も要注意です。摩擦は更に黒ずみを悪化させてしまいます。自己処理を行う時には、剃刀を使われる方が圧倒的に多く、やはりどんなに優しく剃ったとしても、肌を多少傷つけながらの処理になってしまいます。脇の下はアポクリン汗腺と呼ばれる、ワキガの臭いの原因になる場所があったり、太い血管が通っていて、皮膚も大変薄くデリケートな場所です。そこに、剃刀や脱毛器による刺激を与えてしまうと、自己防衛反応が現れて、肌を守ろうと皮膚がメラニン色素を作りあげてしまいます。

妊娠中の女性の乳首が黒くなるのをご存知の方なら、想像がつくかもしれませんが、乳首を授乳に向けて守ろうと、自然に黒くなってしまう現象と同じです。肌を守ろうとして黒くなると聞くと、脇の下の黒ずみさえも大切なのかな…と思ってしまいそうですが、やはり見栄えは良くありませんし、なにより不潔に見えてしまうのは悲しいです。

そして、脇の下の黒ずみがある場合には、ワキガの疑いのある方も多くいらっしゃいます。日本人は比較的ワキガの人が少ないと、言われていますが、中には元々ワキガ体質の方も多く存在します。これはお風呂でどんなに清潔にしていても、体質ですからどうしよもありません。汗をかけばワキガ体質の方は
人よりも強い臭いが出てしまうのです。

そして、ワキガが厄介なのは、やはり脇の下の色素沈着の原因となってしまうと言う事です。ワキガの方が白いTシャツを着ると、汗をかいた時に脇の下が黄ばんでしまうと言われるほどで、ワキガは強い臭いと共にアポクリン汗腺から出たワキガ成分がTシャツの色を変色させてしまったり、脇の下の色素沈着を起こして黒ずみの原因を作ってしまうのです。

このように、脇の下の黒ずみと色素沈着は切っても切れない関係にあります。脇の下の色素沈着による黒ずみには、エステや皮膚科、美容整形外科、市販されているジェルやクリーム等で適切な治療方法を行えば、必ず美しさを取り戻し、黒ずみも必ず改善していきますので、心当たりのある方は早めに適切なケアや治療を行ってみることをお勧めします。