刺激よる色素沈着が脇の黒ずみの原因

いよいよ梅雨の時季がきました。梅雨が終わると夏がきます。夏がくると女性が気になる所がいっぱい。その中で脇の黒ずみが気になる方いると思います。夏が来る前に脇の黒ずみを何とかしたいと思っている方いると思います。

なぜ黒ずみができてしまうか、それは色素沈着が原因です。

色素沈着とは?

強い紫外線や皮膚が刺激されたりとメラニン色素が増えて色素沈着が起きるのです。本来ならメラニン色素ははがれ落ちるのですが、新陳代謝が衰えるとメラニン色素が残ってしまうのです。新陳代謝が衰えないように気を付けていただけたらと思います。

話が戻りますが色素沈着は、例えば服などの摩擦や脇の毛をお手入れする時のカミソリや毛抜きなど、脇に刺激を与えてしまうと色素沈着が起きてしまいます。またワキガの人にも色素沈着が起き黒ずみとなってしまう人が多いです。

下記では、摩擦・お手入れ・ワキガの人について紹介していきたいと思います。

摩擦について

普段の生活や仕事などで摩擦は、起きてしまうものです。なので摩擦を少しでも起きないようにするには、洋服はピッタリとした服は着ないようにし、そして下着もきつい下着は付けないようにして頂けたらと思います。

お手入れについて

そもそも脇は、他の身体より皮膚が弱く繊細なのです。なのでカミソリや毛抜きなどは、ダメージが強く色素沈着を起こしてしまうのでできれば脱毛をしてくれるお店をオススメします。しかし家でする方は、お手入れをする前に気を付ける事があります。

毛抜きは、無理に抜くと炎症を起こしてしまうので脇をタオルで暖めるなどし毛穴を開いてから抜いて下さい。カミソリは、入浴後は肌がふやけてしまい皮膚を余計に削り取ってしまうので入浴前にして下さい。また毛抜きもカミソリもクリームを、塗ってから毛の処理をすると良いです。

処理後は、色素沈着が起きているので傷ついた脇をクリームや乳液などで保湿して下さい。

ワキガの人について

ワキガとは?ワキガの人は、脇の臭いが凄く臭う人の事です。

ワキガの人は、臭いを気にし制汗剤を人より使う方が多いです。そのため制汗剤の刺激や汚れが毛穴につまり黒ずみの原因とされています。なので制汗剤を、いっぱい使うと色素沈着が起きますので気を付けて下さい。制汗剤を使った方は、脇を刺激しないように優しくフワフワな泡で洗うと脇の汚れも取れます。

色素沈着は、刺激を与えると起きてしまうので少しでも起きないように気を付けて頂けたらと思います。夏に向けて綺麗な脇を目指しましょう。