妊娠すると悪化する?コツコツと脇の黒ずみケアをしよう

暑い季節になるとノースリーブファッションもステキですが…脇のお手入れが行き届いてないと気になってしまい楽しめませんね。脇毛の処理を毛抜きやジェルなどで行っている人は体質にもよりますが、脇が黒ずんでしまう場合が多いようです。

今は黒ずんでないから大丈夫と思っていても、妊娠すると体質が変わり黒ずんでしまう場合があります。妊娠中はホルモンバランスの影響でメラニン色素の働きが活発になります。このホルモンバランスによる色素の沈着は妊娠中だけとされています。

ただ元の状態の肌に戻るには数ヶ月は必要となってきます。また人によっては妊娠後も黒ずんだままということもあるようです。肌のターンオーバーを促し黒ずみを早く消すには規則正しい生活が必要ですが…妊娠後ですと授乳でなかなかまとまった睡眠時間がとれません。

睡眠によるケアはなかなかむずかしいので妊婦さんや出産後のママさんには脇のケアでの肌のターンオーバーを促す方法をお勧めします。新生児のお世話でなかなか忙しい時期ですので入浴中に簡単に短時間でケアできる方法をご紹介!

湯船に使った際には脇の黒ずみ自体は触らず、リンパの流れを意識しながら首筋から肩のあたりを優しくマッサージします。そのときに石けんなどを用いて滑りを良くするといいでしょう。石けんも美白効果が期待できるものを使うとより良いですね。

脇を洗う際もこの美白石けんを用いてよく泡立ててそっと泡を押し付けるようにして洗って下さい。湯上がりには保湿成分を含むクリームを塗って下さい。

脇は汗をかき、体温を調節する器官ですので、できれば発汗を邪魔しないように脇専用の美白クリームが望ましいです。

1000円から2000円ぐらいの安価なものでいいので継続する事を重視してください。一時的な黒ずみとは言え、最近はきれいなママさんもたくさんいるので清潔感のあるステキな女性のままでいたいですよね。

コツコツと脇の黒ずみケアを行う事でノースリーブファッションも楽しめるきれいなママを目指して下さいね。