ターンオーバーを整えることも脇の黒ずみ解消には大切な要素

脇の黒ずみで悩んでいる女性は意外と多いものです。ムダ毛の処理や汗対策など、『脇のケア』は女性のたしなみの1つと言っても過言ではありません。

そもそも、なぜ脇が黒ずんでしまうのでしょうか。

それは、デリケートな脇を様々な外的刺激から守ろうとする『お肌の防衛反応』によるものです。

具体的に言うと、洋服や肌同士のこすれ、お風呂でごしごしと洗う、肌を傷めるほどのムダ毛の自己処理、などがあります。当てはまるものはありますか?

肌を守ろうメラニン色素が生成される

カミソリで深く剃るという行為、それはお肌にとって多大な負担となります。その負担から肌を守ろうとメラニン色素が過剰に生成されてしまいます。メラニン色素によって角質が厚くなり、結果として黒ずみが起こるというわけです。これは、日焼けによって肌を守ろうとする過程と似ています。

この出来てしまった黒ずみを薄くしたい!とほとんどの女性は思うことでしょう。しかし、刺激の強いピーリングをしたり、ボディタオルでごしごしと擦っては逆効果でしかありません。この行為が『刺激』と見なされ、新たな黒ずみを生むキッカケとなってしまうのです。この『負のサイクル』から抜け出すには、やはり『普段の生活』を見直さなければなりません。

お肌には『ターンオーバー』があります

ターンオーバーとは、古いお肌が新しいお肌に生まれ変わることを言います。通常お肌のターンオーバーは28日前後で、早くても遅くても良くありません。脇の黒ずみが目立つ人は、ターンオーバーが乱れていることが多いです。つまり、ターンオーバーを促すことが黒ずみ解消の第一歩と言えるのです。

では、ターンオーバーを促すためには何をすれば良いのでしょうか。
それは高価な化粧品を使うことでもエステに通うことでもありません。『規則正しい生活』をすることです。

質の良い睡眠をしっかりと取り、1日3食しっかりと食べましょう。

食事では特にビタミンEを積極的に補うと良いと思います。ターンオーバーの乱れを改善するのは、長い時間がかかります。

なかなか結果が出ずに、イライラしたり焦りを感じることもあると思います。でも、諦めずに続けてみてください。根気よく続けることが大切です。