ひたち海浜公園の駐車場の混雑は?平日や土日に安く快適に停められる場所は?

茨城

ひたち海浜公園の駐車場の料金・時間・混雑状況や混雑時期

ひたち海浜公園駐車場には西口・翼のゲート、中央・南ゲート、海浜口ゲートの3つがありますがどこも料金は一律で、大型車1550円、普通車510円、二輪車260円となっています。公園のオープン時間は9時30分~なのですが駐車場はオープンの20分前くらいを目安に開場されます。ただ6月~11月のコキアが見頃の時期、4月中旬~5月上旬のネモフィラが見頃の時期は非常に混雑するためオープンが早まることもあります。混雑状況としては、この期間特に10時~15時頃の日中に利用者が多いため、駐車場に入るだけでも長蛇の列となりとても混雑します。

ひたち海浜公園の駐車場の混雑を避けて安く車を停めるコツ!

前述の通り人気の植物の開花時期は駐車場もかなり混雑します。そこでひたち海浜公園の駐車場ではなくその周辺の安く駐車できる場所を紹介します。まずオススメなのがニューポートひたちなか駐車場です。ここはひたちなか海浜公園と国道を挟んだ隣のエリアで非常に利用しやすいです。ニューポートひたちなかは様々な店舗が揃った大型ショッピングエリアで、施設を利用すれば無料で駐車出来ます。次にコストコひたちなか倉庫も使いやすいです。海浜公園の西口近くにあり買い物を楽しみながら公園を利用することができます。

ひたち海浜公園の駐車場、臨時駐車場の情報とは?

ひたち海浜公園の駐車場は通常前述の3つの駐車場のみですが、混雑予想の日と10月の土日には臨時駐車場がオープンします。この駐車場がオープンする時は西ゲートに一番近い駐車場となりますがここも早い時間帯から混雑する可能性があるので早めに向かう必要があります。場所は「ひたちなかIC」で降りて国道245号線沿いを走らせて右手にマクドナルドが見える大きめの交差点を右に曲がったところです。直進すると翼のゲートになりその手前の左側の空き地が第一駐車場、右手側が第二駐車場となっています。

ひたち海浜公園の駐車場、おすすめの駐車場とは?

ひたち海浜公園の駐車場には通常3つの駐車場がありますが、どこを使えば良いか迷う方もいらっしゃると思います。ここでは、ひたち海浜公園で大人気のコキアを見るのにおすすめの場所を紹介します。コキアが見られるのは園内の「みはらしの丘」と呼ばれるゾーンで約3万2千個のコキアを見ることが出来ます。基本的にはどの駐車場もみはらしの丘との距離には大差ないのですが西駐車場と南駐車場はそのものが広く入場ゲートから離れた位置に駐車してしまうと時間がかかってしまいます。そこで駐車スペースは狭いのですが海浜口駐車場が一番スムーズにみはらしの丘へと向かえます。

■参考サイト

公式HPはコチラ│ひたち海浜公園

駐車場までのご案内 – 国営ひたち海浜公園

 

コメント