ジェットウォッシャードルツewdj71の口コミと効果は?本当にオススメなのか使い方もチェック

面白い話のネタ情報まとめ

皆さんドルツをご存じですか?
ドルツと聞いて音波振動型歯ブラシの方を思い浮かべる方が多いと思いますが、今回はジェットウォッシャーのドルツについて調べてみました。

ジェットウォッシャードルツとは?

ジェットウォッシャードルツという物について簡単に紹介します。
このジェットウォッシャードルツというは水流によって汚れを洗い流す事の出来る物で、オーラルケアにも最適です。
歯と歯の間や歯周ポケットにまでしっかり水流を届けて、綺麗にしてくれます。
歯周ポケットを綺麗にすることで、歯周病の改善や予防も期待できるようですよ。
浮いた歯垢を流してくれるという物なので、歯磨きと合わせて使う物なんです。
歯磨きの後に口をすすぐのをジェットウォッシャーによって強力に行えるって事ですね!

ジェットウォッシャーの効果を比較、おすすめはこれ!

ジェットウォッシャーといってもどれも同じ効果ではありません。
見た目で分かりやすいところでいうと、水タンクの容量や手持ちか据え置きかという洗浄器本体の形状もそれぞれ違いますよね。

水流の種類について見てみましょう。
主に使えるのがジェット水流で、基本的に水圧の変更が可能です。
強い水圧で強力に汚れを洗い流す事が出来るのは嬉しいですよね。
更に、弱い水圧で使えるという事は、肌の弱い方やお子さんにも安心して使えるのもまた良いですね。

ここからはジェット水流に加えて使えるという事がある水流です。
超音波水流はバブルが弾ける際の衝撃波で超音波が発生する水流です。
通常の水流では取れなかった歯垢もしっかりと取れるそうですよ。
バブル水流というのは、微細な気泡を混ぜることで当たりを柔らかくした水流の事です。
ジェット水流では痛いという所に使うと、痛みもほとんど無く使用できますね。

ジェット水流のみで弱くも強くも使える物や、ジェット水流と超音波水流、もしくはバブル水流を合わせて使える物など色々ありますので、水流だけでも迷ってしまいますよね。
そこで、おすすめするのがジェットウォッシャードルツです。
大型で据え置きタイプのEW-DJ61という物なんですが、ジェット水流とバブル水流をどっちも使えるんです。
水のタンク容量も600mlと多いので、1回の使用で水を追加せずに使えます。
小型で持ち運びしやすいEW-DJ51もおすすめです。
持ち運びタイプでは珍しく、ジェット水流とバブル水流の2種類の使用が出来ます。
タンクの容量は130mlと少ないので水の追加の必要はあると思いますが、防水機能があるようなので濡れるのを気にせずに使えるのは嬉しい点ですね。

据え置きも持ち運びタイプでもおすすめはドルツになります。
初めて買うから低価格の物が良いという場合はドルツのEW-DJ10というタイプはシンプル機能で5000円以下の低価格の物がありますので、こちらもおすすめしますね。

ジェットウォッシャーの使い方のコツ

ではジェットウォッシャーの使い方やコツについても紹介していきますね。
まず水流を当てる場所ですが、ノズルの先を歯と歯茎の境目に沿うようにしてみて下さい。
恐らく、慣れるまで境目なんて気にしていられないと思うので歯のあたりを目掛けて、といったやり方でやってみましょう。
矯正器具を付けている場合は、器具まわりを重点的に当てましょうね。

ですが、口を閉じると水が溢れるし、「イー」と歯を見やすい形にすると飛び散る、といった問題点が出てきますよね。
そこで、口を半開きにして水を口から出しながら使ってみてください。
体制をお辞儀するように低くして行うことで、落ちた水の跳ね返りも最小限に抑えることが出来ますよ。

ジェットウォッシャーは本当は効果がない?

ジェットウォッシャーが効果がないといった意見を目にしました。
どういった理由で効果がないといった声があったのか調べてみた所、以前からずっと歯間ブラシ等で綺麗にしていた為強力な水流をもってもとれる汚れが無かったからだと分かりました。
水流で落ちるのは大きな汚れで、やはり歯間ブラシで汚れを書き出す必要がある、という事なんでしょう。
ジェットウォッシャーと歯ブラシ、更に歯間ブラシの合わせ技でしっかりしたオーラルケアを行いたいですね。

ジェットウォッシャーの口コミを検証

ここでジェットウォッシャーに関する口コミを見てみましょう。
「最初は痛くて驚きましたが、今は心地よく洗浄できています。」
「歯の矯正をしているんですが、ジェットウォッシャーを使うと簡単に詰まった食べ物がとれて助かりました。」
「家族に口臭がしなくなったね!と言われてとても感激しています!」
皆さん使用して良かったという口コミがとても多かったです。
歯茎が弱っていると血が出ることもあるようですが、使い続けていくうちに血が出なくなったといった口コミがほとんどでしたので、諦めないで使い続けてみましょう!

コメント