米油の効能やおすすめのメーカーをご案内!圧搾一番搾りは揚げ物に使うと美味しくなるって本当?

健康

初心者必見!米油の効能、たけしも注目

オリーブオイルやココナッツオイル、えごま油など様々な植物性の油がけんこうにいいとされています。その中でもテレビで紹介され大きな話題になっている米油をご紹介します。
まず、米油というものからご紹介します。
米油は、精米されたときに出る米ぬかから抽出された油のことを言います。
次に米油の効能をご紹介します。
・悪玉コレステロールの値を低下させる
米油に含まれる脂肪酸の一つであるオレイン酸が善玉コレステロールの値はそのままで、悪玉コレステロールの値を低下させる働きがあります。
・血管の老化防止
米油に含まれるリノール酸はオレイン酸と同じ脂肪酸ですが、体内で作ることが出来ない脂肪酸です。リノール酸の効果は、血液のコレステロールの値を低下させ、血管の老化や硬化を防止することが期待できます。
・病気予防、
米油に含まれているビタミンEには、抗菌作用があります。抗菌作用により、細胞の老化を防ぎいろんな病気の原因になる活性酸素の働きを抑えることが出来ます。
・美肌効果
米油に含まれるトコトリエノールには、コレステロールや中性脂肪を低下させる健康を維持する作用や、美肌効果、アンチエイジングにも期待できます。
・脳の機能劣化防止
米油に含まれるγオリザノールは、血行をよくしコレステロールを低減させたり、脳の機能劣化防止などが期待できます。

知っておくべき!米油の危険とCMのワナ

今まで良いことばかりをお伝えしましたが、すべての米油が身体に良いというわけではありません。身体に良い米油を選ぶコツは抽出方法によります。
・身体に良い抽出方法の「圧搾法」
圧搾法は、原材料に物理的に圧力をかけて絞る方法で、余計なものを使わないため安全で原材料が持つ栄養素も壊れないのがメリットです。しかし、手間とコストがかかるため価格が高いです。
・身体に良くない抽出方法の「溶剤抽出」
溶剤抽出は、ヘキサンという溶剤を使って油を溶かし出す方法です。圧搾法より早く大量の処理が可能なので、油の抽出方法としてはメジャーです。しかし、ヘキサンは毒物なので、使うときは高温処理をしなければならず油の質が落ちてしまいます。また、高温処理をしたことで栄養素は壊され、身体に悪い物質が生まれてしまいます。
米油を選ぶコツは圧搾方法であり、スチームリファイニングで精製されたものが良いでしょう。

 

おすすめの米油メーカーはこれ!

身体に良い米油がほしい場合は、インターネットで購入するのが良いと思います。
三和油脂株式会社のプレミアムなこめ油<COME-YU>コメーユ
リブレライフの特撰玄米油「和の玄米OIL」
フードアルティメイトネットワークのNatural TABLE プレミアム米油
これらは圧搾法で作られています。

 

要チェック!米油の圧搾一番搾りのメーカーとは

先ほど紹介したメーカーの中でも圧搾一番搾りをしているメーカーは、
「三和油脂株式会社のプレミアムなこめ油<COME-YU>コメーユ」です。
コメーユは、110gが498円(税込み)450g1296円(税込み)920g1944円(税込み)です。
この価格はある店舗のものなので調べてみるともっと安いものもありました。

米油の揚げ物での使い方はこれだ

使い方はいつもの油から米油に変えるだけです。
米油が揚げ物に最適な理由をお教えします。
・油が酸化しにくいということです。
揚げ物を繰り返すと油の酸化が進み嫌なにおいが発生し、風味も悪く身体に悪影響を与えます。しかし、米油は酸化しづらくいつもより多く繰り返し使うことが出来ます。その理由は、米油に含まれるビタミンEが酸化を遅れさせてくれるからです。
・揚げムラが出来にくい
米油は、揚げ物をするときの油の泡立ちが少なく、揚げムラが出来にくいです。
・胃もたれしにくい
揚げムラが出来にくいためカラッと揚がることで食べた後の油による胃もたれがしにくいです。

米油を使うときには抽出方法に注意をすれば、良いことばかりなので少し高いですが、買ってみるのも良いかもしれませんね。

コメント