mizuhosuicaの使い方やチャージ方法やメリット、デメリットを解説

お得情報

mizuhosuicaの使い方 チャージ方法

・「みずほWallet for iOS」というアプリをインストールする。
・アプリ内でみずほスイカを発行する。
・アプリ内の設定から、口座情報を入力する。(IDなど)
・アプリ内でチャージを行う。
(チャージ金額は1000円単位で20000円まで。)

または、みずほ銀行窓口でチャージすることも可能です。

これでチャージした金額分が使えるようになります。
この際、手数料や年会費などは一切かからないので安心です。
書類等も出す必要なく、みずほ銀行口座をお持ちの方なら、スマホから手軽に利用開始出来て便利です。

mizuhosuicaの使い方 オートチャージされない?

従来のアップルペイスイカにはついていたオートチャージ機能。
これは残り残高が○円になったら、口座から自動的に○円入金しておいてくれる。
という便利な機能です。(残高金額、チャージする金額の2つをそれぞれ自分で設定しておくことが出来ます。)
使おうとした場面で残高が残っていなかった!なんてことを避けるためには便利な機能ですね。

ですがみずほスイカには、この機能はついていません。
自分の判断でその都度チャージした金額しか使えませんので、オートチャージだとつい使いすぎてしまう、無駄遣いしてしまう、なんて人にはいいかもしれませんね。

mizuhosuicaの使い方 クレジットカードでチャージする方法

アップルペイに登録したクレジットカードからのチャージは可能です。
ですがアップルペイが利用できないアイフォン等での利用は出来ないので注意が必要です。

また、クレジットカードの中でも現在JCB、AMEX、Mastercard、には対応していますが、
Visaカードからのチャージには対応していませんので、お使いのクレジットカード会社の確認をしてみてくださいね。

mizuhosuicaの使い方 メリット

・上記に挙げたチャージ方法(アプリやみずほ銀行窓口)で、チャージを行う。
・みずほスイカの支払いに対応している場所での支払い時、スマートフォン(またはアップルウォッチ)を機械にかざす。

たったこれだけです。

メリットとしては、

手数料がかからずに口座からチャージが出来ること。
年会費なども一切かからないカードであること。
アプリ内で簡単にチャージできること。
自分でチャージした分だけ使用できるカードであること。
財布を出したりお釣りをもらったりする手間がないこと。

以上のことから、荷物が多い時や、急いでいるときにも便利だと言えるでしょう。
クレジット機能やオートチャージ機能がないので、無駄使いや使い過ぎの心配もありませんね。

mizuhosuicaの使い方 一体型機能

『みずほマイレージクラブカードスイカ』
というものがあります。

こちらはスイカ機能に加え、みずほ銀行のICキャッシュカード・クレジットカードが1つになったもの。

こちらのカードをみずほがお勧めする理由は、ポイントが貯まるという点。
日ごろのお買い物、支払いでも貯まるのですが、スイカへのチャージでもポイントが貯まります!

スイカを普段使われる方には嬉しいですね。
チャージでポイントが貯まる。
使うたびにもポイントが貯まる。
普段のお買い物、支払いでもポイントが貯まる。

貯まったポイントは1ポイント1円で
お買い物に使える
スイカにチャージできる
スイカでグリーン券なども購入できる
好きなプレゼントと交換も可能

ただチャージして使うよりも、とってもお得な気がしませんか?

ポイントが貯めやすい点も、貯まったポイントの幅広い使い方が選べる点がとっても魅力的なカードですね。

現在みずほスイカを利用している人、利用しようか検討している人、お得に貯めたポイントでチャージが出来る『みずほマイレージクラブカードスイカ』も、是非候補に入れてみてはいかがでしょうか?

コメント