篠田尚子さんの大学、経歴、評判と、週刊現代に取り上げられたあるテーマとは

めちゃめちゃホットな人


楽天証券経済研修所ファンドアナリストで知られている篠田尚子さんについて調べてみました。

◆篠田尚子ベストセラー「この10本です。」ネタバレ公開!

投資信託にいいものをお探し中の方にはぴったりの本です。
読んだことがないから私もよくわからないのですが、読んだことある人の話によりますと、私たちがお年寄りになった時にお金に困らないようにする為にどうしたらいいのかなどの方法が書いてあってとてもためになったそうです。

◆篠田尚子ファンドアナリストが週刊現代に11商品を紹介

この投資で儲けたというおすすめの全11商品は下記の通りです。
・J-Stockアクティブ オープン
・DIAM国内株オープン
・セゾン資産形成の達人ファンド
・ラッセル インベストメント外国株式ファンド
・エマージング ソブリン オープン
・高成長インド 中型株式ファンド
・三井住友 中小型株ファンド
・iTrustロボ
・三井住友 配当フォーカスオープン
・iTrust日本株式
・ニッセイ健康応援ファンド
もしも、篠田さんの真似をしてこの11社に投資して儲かったらすごいですね!

◆ファンドアナリスト篠田尚子の無料セミナーの評判は

資産運用をすでに行なっているがなかなかお金が増えないという方におすすめのセミナーです。
学校では教えてくれないお金の増やし方について教えてくれるそうです!→結論としては多分良いと思います。

◆篠田尚子ファンドアナリストは結婚に興味なし?

篠田さんの結婚事情などについてサイトをくまなく探しましたがどこにも載っていませんでしたが、興味があるけれど、それを公にしていないだけかもしくは興味がないのいずれかしか言いようがないように思います。

◆篠田尚子の出身大学と華麗な経歴

篠田さんの出身大学は慶應義塾大学法学部です。
その後の人生は
早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了
国内の銀行において個人向け資産運用のアドバイス業務に携わった後、2006年ロイター・ジャパン(現トムソン・ロイター・マーケッツ)入社
傘下の企業で、投資信託評価機関として世界最高峰に位置づけられるリッパーにおいて、世界中の機関投資家へ向けて日本の投資信託市場調査および評価分析レポートの配信業務に従事。それと同時に、香港やシンガポールなど世界各国で開催される資産運用業界の国際カンファレンスで日本の投資信託市場にまつわる講演も数多く行う。 2013年にロイターを退職し、楽天証券経済研究所に入所。日本の投資信託市場動向を国内外のメディア等へ配信しながら、海外の投資信託市場の分析も手がけている。
とのことですが、実際に目で確かめなくても、この経歴や評判などからあちらこちらで大活躍の篠田さんの様子が想像できます。

本当にお金が増える投資信託は、この10本です。

以上、篠田尚子さんについてのお話でした。
お見苦しい点もございましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメント