定額がお得!車・音楽・プリンター・貯金を大研究!節約大好きママのまとめ

お得情報

定額の車はなぜ人気なのか

最近、定額という言葉をよく聞くと思います。
どんなものがあるのか、調べてみましたので、ご紹介します。

車の定額制は、良く聞きます。
CMでの放送や買い物に行くときなど、定額制の旗が立っていたりして、目にすることが多いかと思います。

でも、何が良いのか?なぜ、人気なのか?良く分からないと思う方も多いと思います。

車をなぜ、定額で乗ることが出来るのかというと、将来的な車の維持費がリース料に含まれているためです。定額制の場合は頭金も必要なく税金の各種と自賠責保険、車検が定額制となります。

契約内容によりますがメンテナンス費用が含まれている場合もあります。
まとまって発生する初期費用が避けることが出来るのも人気の理由です。

本来であれば税金、車検とまとまって支払いをしなければいけないものも定額制だと心配がありません。毎月の定額のリース料を払えば他は駐車場やガソリンの料金、任意で加入している保険料くらいになります。
家計の管理が楽になるのも魅力ですね。

今、定額制がお得な3つの理由

懐を考えたり値段を気にしたりせずに済む

例えば定額制ではないレストランやデパートで洋服を買う時は、まずは値段を確認しますよね。
でも値段を確認してから買うのは結構ストレスにもなります。
100円ショップなど値段が均一な所は値段を見ずに買い物できるので定額制も、同じ魅力があることになります。

リスクを避けることが出来る

定額制も食べ放題や飲み放題と同じようなもので上限金額を払えば変にお金が高くつくことがありません。
定額制はリスクを回避するための物を買っていると言えます。

購入する際に決めなければいけないものが1回で済む

その都度買い物をする金額と定額でかかる費用が同じなら定額サービスで払ってしまった方がお得です。
何回も支払いをしてストレスになるなら1回でまとめて支払った方が良いですよね。

定額制の音楽はなぜ支持されるのか?

今は定額制の音楽というのも浸透してきていますよね。
定額の料金を払うと沢山の音楽をどこにいても、いつでも楽しむ事が出来るので人気があり多くの方に支持されています。
音楽を毎日良く聴いていたりアーティストで好きな人が決まっているという人は定額制のサービスを使うとお得になります。

どのサービスを使えば良いか分からないという方も、どのサービスも1ヶ月の無料のお試し期間が設けられているので試してから使うサービスを決めてみてください。

決め手が分からないという方のためにサービスを決める決め手をご紹介していきます。

楽曲やアーティスト

楽曲が多く入っていれば沢山の音楽に出会うことが出来ます。
自分の聴きたいアーティストの楽曲が配信されているかがポイントです。
楽曲が多くても聞きたいアーティストの楽曲が入っていなければ意味がなくなってしまいますからね。

利用料金

だいたいのプランは1000円くらいで使うことが出来ます。
30円で1日使うことが出来る計算です。
まずは1ヶ月無料のお試し期間で使ってみて料金並みの価値があるなと思ったら検討してみても良いかもしれません。
学割があったりファミリープランがある場合もあります。

色々と検討してみて自分が使いやすいサービスを検討してみてください。

定額制のプリンターを調べてみた

プリンターの定額制なんてあるのかな?と思いますよね。
今はプリンターも定額で使うことが出来ます。

プリント放題は、カラープリンターとカラーインクがセットになっているレンタルサービスになっています。初期費用がかからず、カラー印刷が定額で月々使うことが出来ます。

他にもいろいろありますので、興味のある方は、調べてみてくださいね。

定額貯金と定額預金の比較

定額預金とは、1000円以上から1000円単位で預金することが出来るという制度です。
満期が1,3,6ヶ月、1年~5年と設定できて満期前には解約は不可です。
どうしても解約したいという場合、中途解約利率が適用されます。
満期の期間ごとに金利が定められていて満期の期間が長いと、その分金利が高くなります。

一方、定額貯金とは、定額貯金との一番の魅力は預け入れをして6ヶ月経過するといつでもどこでも払い戻しが出来るようになるものです。最長満期は10年ですが、半年たつと窓口での手続きは必要になりますが、すぐに引き出すことが可能になります。

5年以内に確実に預けておける資金は定額預金が有利になります。
明確ではない資金の場合は6ヶ月経つとペナルティがなく解約できる定額貯金の方が有利です。

まとめ

色々な定額がありお得なものもたくさんあります。
自分に合う定額もあると思いますので、使いやすく自分に合った定額を探してみてくださいね。

コメント