中学受験の費用対効果は?塾代を捻出する方法や関西と広島で受験する場合を比較

面白い話のネタ情報まとめ

中学受験の費用対効果

何十万、難百万単位のお金が動いてしまう中学受験。
しかしそのお金もかけるところをきちんと考えないと、より効果が上がる方法にお金をかけないと、何も残らず大きな損失しか残りません。

また、受験に合格できても終わりではありません。進学後にもお金がかかります。部活動なども始まり、お金のかかるところはどんどんプラスされていきます。
押さえるところはきちんと押さえ、賢く費用対策効果の高い勉強法を見つける必要がありますね。
また、合わない勉強法や環境は受験勉強に対するマイナスイメージやモチベーションの低下などのリスクがあります。
お子様によって合う、合わないは確実にありますのでよくコミュニケーションを取りながら様子を見ることも大切です。

中学受験の塾代をどうやって捻出するか

貯金から捻出という手もありますが、今後の支出を考えると、今の月収の中からまかなうことが理想ですよね。
どんなところから捻出できるか考えていきましょう。

まずは早期から貯めておいてほしいお金。子供が生まれてから毎月もらえる児童手当、1万5000円は安定してもらえる貴重なお金です。

そして基礎の基礎。毎月の家計を見直し、無駄な支出がないかもう一度見極めましょう。
特に見直したいのは、以下のとおりです。
・携帯などの通品機器にかかるお金や保険類

よく分かっていないまま無駄に高いプランで契約していることも多いのです。この機会に見直しをお願いするのもいいですね。

・維持費の高い車に乗られている。
車の維持費は長い目で見れば買い換えたほうがお得なことも多いです。

・年に数回家族旅行をしている。
旅行先や回数の再検討や移動手段の再検討などで意外と上手く節約することも多いですね。

・合わない塾をやめて、他の塾に移ることを繰り返している
塾は雰囲気や相性があるので合う場所で頑張ることも大事。数回、数か所にわたり体験などでしっかり確認してから入会すること。入会してからの塾変更は大きな出費となるので気を付けましょう。

・塾に言われるがまま、全ての講座を受けている。
塾だって商売です。本当に必要な講座なのか?必要、不必要なものは親がきちんと見極めてあげましょう

・志望校学校卒業後のことも考えているか?
付属の高校、大学に進む際にかかるお金もしっかり計算に入れてみましょう。数校比べてみて、志望校選びをもう一度見直してみませんか?

コスパが良い中学受験のための塾ランキング
6年生、4教科の月謝で大手塾を比べてみました。

① 早稲田アカデミー  40,700円(税込)
② 日能研6年生    40,824円(税込)
③ 四谷大塚6年生   51,840円(税込)
④ SAPIX(サピックス)56,700円(税込)

しかし価格だけではなく、塾によって雰囲気や課題の量、繰り返し復讐の有無などもありますので、お子様にあるかどうかよく検討する必要があります。
合わない塾に通うのはお子様のモチベーションを下げてしまうことにも繋がりますよね。

関西で中学受験するならいくら必要?

関西で中学受験対策をされた方の口コミを参考にさせていただくと、
年間100万は超える。という方が圧倒的に多いようです。
しかし中学受験さえ乗り越えると、エスカレーター式のところが多くその後の費用が抑えやすく、この中学受験に多く投資するご家庭も多いようです。

広島で中学受験するならいくら必要?

実際に中学受験を経験された方の経験談を参考にさせていただくと、
やはり年間100万前後はかかる、という方が大半となりました。
関西圏での受験に比べると、ほんのわずかにかかる費用は下回るようですが、あまり大幅に下回ることはないようです。

関西、広島の両地域におきましても塾の選択や通い方によって大きく異なりますので、色々な資料を参考にしたり、問い合わせなどを活用したりしてみて、各ご家庭に合わせてより良い選択を出来るようにしましょうね。

コメント